メタルマッスルHMBの効果ガイド

メタルマッスルHMBの効果ガイド

筋トレのBIG3がおすすめなワケ

筋肉をつけるトレーニングには「BIG3」と呼ばれる筋トレがあります。それが、ベンチプレス・スクワット・デッドリフトの3つです。この3つのトレーニングを行えば、効率よく全身の筋肉を鍛えることができるのです。 詳しく見ていきましょう。

BIG3がおすすめなワケ

複数の筋肉を同時に鍛えられる

筋トレのBIG3では、1つのトレーニングで複数の筋肉を同時に鍛えることができます。

ベンチプレス

 

大胸筋・上腕三頭筋・三角筋前部

スクワット

 

大腿四頭筋・脊柱起立筋・大殿筋・ふくらはぎ・ハムストリングス

デッドリフト

 

ハムストリングス・脊柱起立筋・僧帽筋・広背筋・前腕・ふくらはぎ

効率よく鍛えられる

体中にある筋肉を1つずつ鍛えようとすると、多くの種類のトレーニングが必要になります。ですが、BIG3は1つの種類で多くの筋肉が鍛えられるため、筋トレにかかる時間も少なくて済むようになります。

筋トレの時間が長くなると、集中力が続かなかったり疲労がたまることでケガをしてしまう可能性が高くなります。また鍛えているはずの筋肉の栄養分が不足することで筋肉が分解することもあります。それらを避けるためにもBIG3の筋トレはおすすめです。

大きな筋肉を鍛えられる

大きな筋肉を鍛えると体の代謝力が上がり、太りにくい体になります。BIG3の筋トレでは、大胸筋・広背筋・三角筋の上半身を作る大きな筋肉と、消費カロリーを増やすことができる大殿筋・太ももの筋肉、そして腹筋という体型を変えるために重要で大きな筋肉を鍛えることができます。

自宅で鍛えられる

自重やちょっとした重り(水の入ったペットボトルやダンベルなど)を持ってできるのがBIG3の筋トレです。マシンを使うわけではないので、バランスをとりながら行うことで腹筋・体幹も鍛えることができます。ジムに通わなくても鍛えられるのがポイントです。

BIG3の筋トレで気をつけるポイント

正しいフォームを意識する

トレーニングの効果をたくさん得るためには正しいフォームをマスターし、意識して行うことがポイントとなります。間違ったフォームで筋トレをすると、体のバランスが崩れ負荷がかかりケガにつながる恐れもあります。

効果的な回数・セット数を知る

筋肉をより早く大きくするには、ギリギリ上がる重量を少ない回数こなすトレーニングが有効ですが、ある程度カロリーも消費しないといけません。そこで、1セット6~10回できるくらいの負荷のトレーニングを2・3セット行うようにしましょう。トレーニングを続けていくうちに、自分に合った回数・セット数が分かってくるようになります。