メタルマッスルHMBの効果ガイド

メタルマッスルHMBの効果ガイド

筋トレにベストな時間帯

マッチョな体を手に入れるために、筋トレに励んでいる方は多いと思います。ですが、その中で「トレーニングをする時間」を気にしている方はどれくらいいるでしょうか。

同じ筋トレをしても、トレーニングをする時間帯によって得られる効果が違うとすれば・・・できるだけ効果の期待できる時間帯にトレーニングしたいものです。筋トレにベストな時間帯はいつなのでしょうか。

筋トレをしない方がいい時間帯

筋トレにベストな時間帯があるのですから、筋トレを避けるべき時間帯もあります。

食後すぐ

食べ物が胃に入ると、血液が胃に集中します。この時に筋トレをすると、筋肉に血液が回ってしまいます。すると胃での消化に必要な血液が不足してしまい、胃に負担がかかってしまいます。消化を妨げないためにも、食後の筋トレはNGです。

空腹時

おなかが空いている状態は、体にエネルギーが不足している状態です。そのような状態で筋トレを行うと、筋肉が分解されてエネルギーを作り出してしまいます。筋肉を細くしないためにも、空腹時の筋トレは避けましょう。

寝る前

寝る前に筋トレをすると交感神経が働き、寝つきが悪くなります。睡眠の質が悪くなると成長ホルモンの分泌に影響が出てしまい、筋肉の成長が妨げられます。体をリラックスし、質の良い眠りができるよう寝る前の筋トレはしないようにします。

筋トレにベストな時間帯

では、筋トレにおすすめな時間帯はいつなのでしょうか。

夕方16~18時頃

筋トレを避けるべき時間・理由を考慮して一日の中で一番筋トレにベストと言えるのが夕方16~18時頃になります。 昼食からある程度時間も経っており、昼間に活動をしていることで筋肉の動きも良くなっています。そのためトレーニングが効果的になるだけでなく、トレーニングをする時にケガをしにくくなるというメリットもあります。

ですが、仕事をしている方にとって、この時間帯に筋トレをすることはなかなか難しいですよね。そこで、もう少し筋トレの時間をずらしてみましょう。

夕食前

16時頃に軽食や栄養補助食品を摂り、2~3時間ほど経った頃に筋トレをしてみるのもおすすめです。あまり空腹にならないように軽食の量を調節するようにしましょう。

夕食から就寝までの間

夕食を18時頃に摂り、23~24時頃に就寝することを想定し、21時頃に筋トレをするのもアリです。夕食・睡眠の間の時間をトレーニングにあてることで、空腹・消化・睡眠への影響は最小に抑えることができます。

筋トレをする時間を変えるだけで、得られる効果が変わります。体調・時間を意識してトレーニングをするようにしましょう。