メタルマッスルHMBの効果ガイド

メタルマッスルHMBの効果ガイド

短期間で筋肉をつける筋トレのコツ

筋肉ムキムキの体を手に入れようと思うと、長期間にわたってつらいトレーニングを続けることを想像する方が多いでしょう。ですが、実際には短時間のトレーニングを行うことで、筋肉は大きくなります。一体、どういうことなのでしょうか。

「筋肉を大きくさせる」という意識を持つ

人の体には誰にでも同じように筋肉があります。ムキムキの人とガリガリの人とでは筋肉の大きさが違うのであって、筋肉の種類や量が違っているわけではありません。

遅筋と速筋

私達の体には遅筋と速筋の2種類があります。ムキムキの体を作るためには、このうち速筋を大きくする必要があります。速筋が大きくなることで、外見がムキムキ&マッチョな体になります。速筋を意識しながらトレーニングすることでより鍛えやすくなります。

トレーニング前にサプリを飲む

筋肉を効率よく大きくするためには、トレーニング前にメタルマッスルHMBやプロテインといったサプリを摂取するのがおすすめです。何も口にせずにトレーニングをするより、効率よく筋肉を大きくすることができます。筋トレを始める前にきちんと準備をすることでより効率的な筋トレを行うことができます。

参考:筋トレのウォームアップや準備

短期間で筋肉をつける筋トレのコツ

トレーニング間のインターバルを短めに

トレーニングは1つの運動を「10回を1セットとして3セット行う」というような指示によって行います。この時、1セット目と2セット目の間、2セット目と3セット目の間の「インターバル」を長く取ると、疲労が完全に回復してしまい、トレーニングの効果が得られにくくなります。 インターバルは30秒~1分くらいで、次のセットに進むようにしましょう。

大きな筋肉から鍛える

トレーニングを開始したら、全身をまんべんなく行うのではなく、大きな筋肉から鍛えるようにしましょう。大胸筋・広背筋・腹筋・太ももなどが大きな筋肉です。これらを先に鍛えることで代謝力が上がり、小さな筋肉を鍛える時により大きな効果を得られるようになります。

トレーニングに変化をもたせる

トレーニングを続けるにあたり、負荷・回数を毎回同じにしていると体が慣れてしまいます。そこで、重りの重さを変えてみたり、トレーニングの回数を変えるようにしましょう。

トレーニングの後はしっかりと休息をとる

トレーニングで筋肉を使ったらその後は48~72時間休息をとって、筋肉しっかりと休ませるようにします。そのことで、トレーニング前よりも筋肉の量が増えます。これを「超回復」といいます。トレーニングで筋肉痛が残っているような場合は、休むのがポイントです。